日本の中小製造業を徹底解説

太平洋戦争が終わり、日本の産業構造は、大きく変化しました。
それまでの繊維品から工業製品が主流となり、輸出拡大国へと転換しました。
加工貿易に変わりはないですが、製造業あるいは機械業の発展が著しくなり、中でも自動車産業は、日本の基幹産業へと発展しました。
今では、世界に冠たる企業が生まれ、日本車と言えば、価格はもちろんのこと、小回りが利き、品質においては、高評価を得ています。
日本のものづくりは、封建時代の昔から培われた技術であり、いわば、日本の伝統と言ってよく、職人の営んできた技が、下地となっています。
しかし、それは、大企業が育てて来た、というよりは、無数とも言っていい日本の中小企業の下支えによるものです。
特に、日本の中小製造業が、高度成長期を支え、日本経済の礎になったことは間違いないことでしょう。

そうは言っても、日本の中小製造業を代表する中小企業全体に問題がないという訳ではありません。
人材不足はもちろん、日本の流通のあり方の特徴である下請け企業としての性格、さらには、日本経済を支えながらも、最新技術の導入の遅れ、また、資金不足などがあります。
不景気になれば、いち早くその煽りを受け、現在の世界同時不況でもその傾向が顕著であり、過去においても、同様でした。
幹を支えながらも、その存在自体の危うさは、日本の伝統を守って来た各種企業に対する、冷たい仕打ちと言っても、過言ではないでしょう。
けれども、中小企業自体も、黙っているだけではありません。
全国中小企業製造業検索システムSMETのように、中小企業自体のネットワークを構築し、それを拡大していこうとの動きがあることは、間違いありません。

このサイトでは、全国中小企業製造業検索システムSMETというサイトで紹介されているように、日本の中小製造業にスポットを当て、様々な角度からお話しています。
皆さんのお役に立つようであれば、誠にうれしい限りです。